スプレッドが広い印象をもたれているものの、レバレッジが高く実はスキャルピングにも最適、入金以上の損をしないため人気になっている海外FX業者。 知らなきゃ損する海外FXの税金や確定申告のこと、おすすめの海外FX口座や口座開設ボーナスのある海外FX口座などについて紹介しています。

海外FX口座 おすすめ

FX 初心者 勉強

FX スプレッド

FXで使われるスプレッドとは何で、そのスプレッドの種類について。

そして、スプレッドによるFXの取引コストの計算方法について紹介します。

FX スプレッド

FXで頻繁に使われる「スプレッド」とは、FX業者が提供している「通貨の売り値」と「通貨の買い値」の差を意味します。

スプレッドは取引の手数料であり、つまりFX業者の利益となるもの。

たとえば、1ドルを売る時は100円10銭、買う時は100円11銭とすると、この差額の1銭がスプレッドです。

ちなみに、スプレッドと併せて覚えておきたいのが、「pips」というFXで使われる用語。

pipsは為替レートが動く際の最小単位で、異なる通貨同士でもpipsの数値で損益の大きさを見ることができます。

  • 「円」の場合は「1pips=1銭」
  • 「ドル」の場合は「1pips=0.01セント」

となります。

FX スプレッド 比較

トレーダー側からすると、コストとなるスプレッド。

スプレッドはFX会社、そして通貨ペアによっても差があります。

一般的に、流通量の多い通貨ペア(ドル、ユーロ、円など)と比較し、トルコリラや南アフリカランドといった流通量が少ない通貨ペアはスプレッドが広くなっています。

取引回数が多くなりがちなFX投資なので、

スプレッドを比較して、とにかくスプレッドの狭いFX口座を使おう!

とも思いがち。

スプレッドが狭い会社ほど取引コストが少なく済むため、スプレッドに関してだけ言えば、スプレッドは狭ければ狭いほど良いです。

ですが、

スプレッドが狭くても、約定力がなくて滑ってばかり。
思った値段と違ったところで約定してる。

なんてイライラするFX口座も、実際にあるのでご注意を。

FX スプレッド 変動

FX業者が提供するスプレッドには、「原則固定」と「変動制」があります。

(完全固定もあるけど、採用しているFX業者はほぼない)

どちらのシステムにもメリットデメリットがあり、国内FX口座では原則固定、海外FX口座では変動制が採用されていることが多いです。

原則固定の方がスプレッドが狭いように思いますが、週始めの月曜日の朝など流動性が低下する時、また重要な経済指標の発表時には、スプレッドがグンと広がる傾向にあるので注意が必要です。

FX スプレッド 計算

スプレッドによるFXの取引コストは、「取引数量×スプレッド」により計算することができます。

たとえば、ドル円でスプレッドが0.3pipsの場合に、1万通貨(この場合は1万ドル)の取引をしたとすると、

1万ドル×0.003円(0.3銭は0.003円)=30円

の手数料となります。

日本人利用者の満足度が高い、おすすめ海外FX口座

人気No1海外FX口座 XM Trading(エックスエム)

資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!
FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍に加え、追証なしのゼロカット実績度No1で安心。
トレーリングストップの幅が狭いのが難点ながら、約定拒否や滑る事もほぼなく、出金拒否など出金トラブルもなく信頼性も抜群です。
MT4とMT5使用可。

低スプレッドと信頼性が◎ AXIORY(アキシオリー)

レバレッジは最大400倍ながら、スプレッドが狭く、約定力も好評。
短期取引のスキャルピングや、安全面、信頼性に重きを置くトレーダーにも人気の海外FX口座です。
約定スピードは毎回開示しており透明性も抜群、「信託保全」を完備していることで、万が一AXIORYが倒産などしてもトレーダーの資金が全額返ってくる安心感も魅力。

世界最狭のスプレッド TitanFX(タイタンFX)

新興海外FX口座ながら、レバレッジは最大500倍、世界最狭のスプレッドで期待されているTitanFX。
約定率・約定スピードなどを全開示、取引の透明性を重視している海外FX口座でもあります。
トレーダーの資金は、世界の銀行ランキング格付けトップレベル、NAB銀行の顧客信託口座に保管されているので、資産リスクも少なく安心して利用できます。

-FX 初心者 勉強
-, ,

Copyright© 海外FX口座 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.