スプレッドが広い印象をもたれているものの、レバレッジが高く実はスキャルピングにも最適、入金以上の損をしないため人気になっている海外FX業者。 知らなきゃ損する海外FXの税金や確定申告のこと、おすすめの海外FX口座や口座開設ボーナスのある海外FX口座などについて紹介しています。

海外FX口座 おすすめ

海外FX 税金

海外FX 税金 法人

同じ海外FX口座でFX投資に取り組むとしても、個人口座なのか法人口座なのかによって、その人によって税金はケースバイケースです。

法人口座を利用すれば海外FX口座だからといって税率は高くならず、海外FXのメリットであるハイレバを活用してFX投資に取り組むことができます。

海外FX 税金 法人

FX投資を法人化し海外FX口座の法人口座を利用すると、適用される税金の種類は法人税となります。

また、海外FX業者を利用していても、法人化して法人口座を利用していれば損益の合算が可能。

その他の事業の損益と合算して、課税額を計算することができます。

法人税の税率は、会社の規模や法人の形態によって税率が異なりますが、中小企業の税率は次のように定められています。

法人税の税率

  • 所得金額が年間800万円以下:15%
  • 所得金額が年間800万円以上:23.2%

個人の場合の個人住民税に相当する税金である、法人住民税は別途加算されます。

(法人住民税の計算方法は、法人税の12.9%+7万円の均等割)

海外FX 税金 個人

海外FX口座の個人口座を利用している場合、所得は所得金額に応じて税率の上がる総合課税。

さらに海外FX口座での利益は雑所得と見なされ、ほかの投資などにおける損益を合算することもできません。

海外FX口座の所得に対する税率は最大55%の累進課税となっているので、国内FX口座と比べて税金が高すぎると言われることが多いです。

実は、海外FX口座の個人口座を利用していても、
経費を差し引いた年間利益を計算し、426万9,935円以下であれば、国内FXと比べて海外FXの税金は高くならないんですけどね。

海外FX口座と国内FX口座の、税金の違いについての詳細はこちら

海外FX 税金

海外FX 税金 法人 まとめ

高い税率がひっかかって海外FX口座でFX投資をするのをためらっているなら、法人化することをおすすめします。

ほとんどの海外FX業者では、個人口座と法人口座で取引条件が変わるということもありません。

そもそも、国内FX口座を利用していても、FX投資でほんとに稼げていたら法人化はした方が節税面でもおすすめです。

日本人利用者の満足度が高い、おすすめ海外FX口座

人気No1海外FX口座 XM Trading(エックスエム)

資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!
FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍に加え、追証なしのゼロカット実績度No1で安心。
トレーリングストップの幅が狭いのが難点ながら、約定拒否や滑る事もほぼなく、出金拒否など出金トラブルもなく信頼性も抜群です。
MT4とMT5使用可。

低スプレッドと信頼性が◎ AXIORY(アキシオリー)

レバレッジは最大400倍ながら、スプレッドが狭く、約定力も好評。
短期取引のスキャルピングや、安全面、信頼性に重きを置くトレーダーにも人気の海外FX口座です。
約定スピードは毎回開示しており透明性も抜群、「信託保全」を完備していることで、万が一AXIORYが倒産などしてもトレーダーの資金が全額返ってくる安心感も魅力。

世界最狭のスプレッド TitanFX(タイタンFX)

新興海外FX口座ながら、レバレッジは最大500倍、世界最狭のスプレッドで期待されているTitanFX。
約定率・約定スピードなどを全開示、取引の透明性を重視している海外FX口座でもあります。
トレーダーの資金は、世界の銀行ランキング格付けトップレベル、NAB銀行の顧客信託口座に保管されているので、資産リスクも少なく安心して利用できます。

-海外FX 税金
-, ,

Copyright© 海外FX口座 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.