スプレッドが広い印象をもたれているものの、レバレッジが高く実はスキャルピングにも最適、入金以上の損をしないため人気になっている海外FX業者。 知らなきゃ損する海外FXの税金や確定申告のこと、おすすめの海外FX口座や口座開設ボーナスのある海外FX口座などについて紹介しています。

海外FX口座 おすすめ

海外FX TitanFX

TitanFX スプレッド

数多い海外FX業界で、他社と比較してもかなりの高水準!
と評判になるほど、トップクラスのスプレッドの狭さを提供しているTitanFX(タイタンFX)。

そんなTitanFXの口座タイプによる平均スプレッドの違い、そして、人気海外FX業者XM Trading(エックスエムトレーディング)と、スプレッドが狭いことで評判のAXIORY(アキシオリー)と比べると、TitanFXのスプレッドがどれぐらい違うのかを比較して紹介します。

TitanFX スプレッド

国内FX口座では、スプレッドは原則固定スプレッドが多いですが、海外FX口座のTitanFX(タイタンFX)では、変動スプレッドが採用されています。

変動スプレッドはスプレッドが常に変化しており、流動性の低い朝などの時間帯や、重要な経済指標発表時にはスプレッドが広がります。

※固定スプレッドと変動スプレッドを比較して、どちらが良いのかはトレードスタイルによっても違うため、どちらが有利というわけではありません。

また、TitanFXは口座タイプによってもスプレッドは異なり、スタンダード口座はSTP方式での取引になるので、ECN方式のブレード口座よりも+1.0pips以上広がってしまいます。

TitanFX スプレッド 平均

スタンダード口座とブレード口座の、主要通貨ペアの平均スプレッドは以下のようになっています。

TitanFX 口座タイプ スタンダード口座 ブレード口座
実質スプレッド スプレッドのみ スプレッド+手数料
USD/JPY(ドル円) 1.3pips 0.3pips+往復7ドル
EUR/JPY(ユーロ円) 1.7pips 0.7pips+往復7ドル
EUR/USD(ユーロドル) 1.2pips 0.2pips+往復7ドル
GBP/JPY(ポンド円) 2.5pips 1.6pips+往復7ドル
GBP/USD(ポンドドル) 1.5pips 0.5pips+往復7ドル
AUD/JPY(オージー円) 2.1pips 1.1pips+往復7ドル
AUD/USD(オージードル) 1.5pips 0.5pips+往復7ドル

たとえば「1ドル=100円」だとして、1ロット(10万通貨)で取引した場合。

USD/JPY(ドル円)の実質スプレッドを円換算すると、

  • スタンダード口座では、1.3pips分の1,300円
  • ブレード口座では、0.3pips分の300円+取引手数料往復7ドル(700円)=1,000円

となります。

ブレード口座では取引手数料はかかりますが、取引手数料をプラスしてもスタンダード口座より取引コストは安くなっています。

せっかくTitanFX(タイタンFX)を使うのであれば、ブレード口座がおすすめです。

TitanFX スプレッド 比較

人気海外FX業者XM Trading(エックスエムトレーディング)と、スプレッドが狭いことで評判のAXIORY(アキシオリー)。

この両社とTitanFX(タイタンFX)の、それぞれの口座での平均スプレッドを比較すると、以下のようになっています。

FX業者 TitanFX XM Trading AXIORY
口座タイプ スタンダード ブレード スタンダード XM ZERO スタンダード ナノスプレッド
手数料 なし 往復7ドル なし 往復10ドル なし 往復6ドル
USD/JPY(ドル円) 1.3pips 0.3pips 1.8pips 0.3pips 1.4pips 0.5pips
EUR/JPY(ユーロ円) 1.7pips 0.7pips 2.7pips 0.6pips 1.7pips 0.6pips
EUR/USD(ユーロドル) 1.2pips 0.2pips 1.9pips 0.3pips 1.2pips 0.2pips
GBP/JPY(ポンド円) 2.5pips 1.6pips 4.6pips 1.1pips 2.2pips 1.2pips
GBP/USD(ポンドドル) 1.5pips 0.5pips 2.6pips 0.6pips 1.6pips 0.8pips

TitanFXのブレード口座とAXIORYのナノスプレッド口座で、平均スプレッドはほぼ同じぐらいのスプレッドになっています。

ただ、XM Tradingと比較すると取引手数料が3ドル違うので、一日に何度も取引をするトレードスタイルの人やスキャルピングをするには、やはりTitanFXかAXIORYの方がおすすめです。

TitanFX スプレッド まとめ

スプレッドの狭さだけでなく、国内FXでは不可能なほどの約定力も評判のTitanFX(タイタンFX)。

低スプレッドで利用することができるのはスキャルピングには必須、また、約定力も強いため海外FX口座でスキャルピングするなら、TitanFXの利用はおすすめです。

また、スプレッドと約定力だけでなく、

  • 損切りポイントを現在価格から0ポイントに設定できる
  • レバレッジ規制がなく一貫してレバレッジ500倍

ということも、TitanFXの特徴的で魅力的な部分です。

日本人利用者の満足度が高い、おすすめ海外FX口座

人気No1海外FX口座 XM Trading(エックスエム)

資本金360,000,000米ドルの優れた財務基盤!
FX業界最高水準のハイレバレッジ888倍に加え、追証なしのゼロカット実績度No1で安心。
トレーリングストップの幅が狭いのが難点ながら、約定拒否や滑る事もほぼなく、出金拒否など出金トラブルもなく信頼性も抜群です。
MT4とMT5使用可。

低スプレッドと信頼性が◎ AXIORY(アキシオリー)

レバレッジは最大400倍ながら、スプレッドが狭く、約定力も好評。
短期取引のスキャルピングや、安全面、信頼性に重きを置くトレーダーにも人気の海外FX口座です。
約定スピードは毎回開示しており透明性も抜群、「信託保全」を完備していることで、万が一AXIORYが倒産などしてもトレーダーの資金が全額返ってくる安心感も魅力。

世界最狭のスプレッド TitanFX(タイタンFX)

新興海外FX口座ながら、レバレッジは最大500倍、世界最狭のスプレッドで期待されているTitanFX。
約定率・約定スピードなどを全開示、取引の透明性を重視している海外FX口座でもあります。
トレーダーの資金は、世界の銀行ランキング格付けトップレベル、NAB銀行の顧客信託口座に保管されているので、資産リスクも少なく安心して利用できます。

-海外FX TitanFX
-, ,

Copyright© 海外FX口座 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.